目標を定めること

目的を設定しておくと言うことは良いことです。逆に目的が何も無いとそこまでに至る道のりが非常に辛いものとなってきます。例えば貯金をするとしても目標が無いと自分が何のために貯金をしているのかが分からなくなってしまい、結果継続性が無くなってしまい途中で止めてしまうかもしれません。そのように、いわゆる保険についても私達がなぜその保険に入るのか、どういったことを目標としているのか、という点をはっきりさせておくべきです。

そもそも目標と言っても保険は『病気になることを前提に』加入するモノではありませんね。勿論私達は健康的な体のまま病気にもならずに生活していくことを求めていますから病気になると言うことを前提に考えるのはあまりにも消極的すぎるかもしれません。しかし、『転ばぬ先の杖』という言葉があるように、万が一の時のために用意をしておくことは、愚かなことではありません。むしろ、賢いことです。

目的に合わせた保険を選ぶ際には、自分がどのようなものにたいして対策を行いたいか、そしてどのくらいの保険料で、どの程度の保障を臨んでいるのかといったことをはっきりさせておくことによって、目的を見失わずに済むようになります。

一生モノだからこそ…保険見直し

私達が様々な保険を考える時に、それが、どのように自分の人生にとってプラスになるのかという点を考えます。どんな保険を選ぶかどうか、ということよりも、そもそも保険に加入する必要があるのか、という点にまで遡るかもしれません。しかし、そういった考え方は、私達が再度自分の将来のことに関して見直してみる良い機会になりますので、決して無駄にはなりません。保険を考えること、それは今後の人生、いわゆる人生設計を考えることにも繋がるからです。

自分たちの人生に関して考えるということはあまりないことかもしれませんが、普段であれば見逃してしまうような、目標やこれからの展望、そして、未来のためにどのくらいの準備が必要なのか、といった点にも目を向けることは、良いことであると言えます。多くの方が既に『準備が出来ている』と言う保険、それを今敢えて見直す必要性についても、考慮するべきでしょう。なぜ、見直す必要があるのでしょうか。

保険見直しは、現在加入している保険が、本当に自分にとってベストな保険であるのかどうかを考え直す機会となります。保険は、いわゆる『一生モノ』と言えるかもしれません。掛け捨てであったとしても、それに多くの費用をつぎ込むことになりますから、できればそこから多くのメリットを得られるものでありながら、コストを抑えることができる保険を選びたいと思っています。ですから、たとえ加入したあとでも、保険を見直すことには意味があるのです。

1 2